ニュース

ThangLong OSCは実習生に外国語教育を応援する

タンロン国際協力投資株式会社(ThangLong OSC)で労働輸出のプログラムを申し込む時、外国語教育のサポート政策があり、様々なサビースも有る。ThangLong OSCは10年の経験を持って、市場を研究し、良い市場を探しながら、お客様のためたくさんのインセンティブ政策を行っている。

日本企業が日本入国前の実習生家族に面談

2017年2月11日には木造・建設作業を専門とした日本組合の代表者・日本企業の社長と日本入国前の実習生家族の面談が行われた。当時、タンロン国際協力投資株式会社( Thang long OSC )と日本組合の2017年の面接予定、双方の協力関係について相談した。

タンロンの日本語センターでクリスマスの歓迎

習慣のような、年を閉じて良い新年を開けるため、タンロン日本語センターの先生と生徒は楽しみに様々な活動を準備し、クリスマスパーティーを行った。

詳しく

ハノイ:メトロ2A号線、4月に運行開始―テトには間に合わず

ハノイ市で建設中の都市鉄道(メトロ)2A号線(ドンダー区カットリン~ハドン区間)が、4月に正式に運行を開始する。交通運輸省のグエン・ゴック・ドン次官が13日に明らかにした。

詳しく

タンロン国際協力投資のご紹介

実習生に重くのしかかる費用負担をできる限り減らし、候補者が集まりやすい環境をつくることに力を入れている同社では、候補者の募集・登録段階でIQテストやクレペリン、四則計算などのテストから作文、自己性格判断などの試験を実施しています。テスト・試験に合格した候補者だけがデータ登録され、健康診断の後、日本語学習をしながら受入企業・監理団体からの募集案内を待つしくみになっています。

詳しく

11月20日タンロンOSCの学生たちが先生方への感謝の気持ちを込めます

毎年恒例の11月20日 【ベトナム教師の日】というイベントをタンロン国際協力投資株式会社の先生方と学生たちが先生方への感謝の気持ちを込めて、一所懸命歌やダンスを準備しておりました。

詳しく

インターンシップジャパン2018と知っておきたいこと

日本に行く前の労働者が日本インターンシッププログラムについて知っておくべきこと2018

詳しく

学生のための新しい機会を開く

本日(2018年10月10日)タンロン国際協力株式会が人的資源訓練と開発のための水資源大学協力協定を出勤した。この協力の目的は、高度な技術に取り組む日本に、韓国、台湾来る機会を得た世代のエンジニアや学士を育成することです。文化、管理する方法を学ぶ。

詳しく

日本入国の持込禁止荷物 (2018年10月1日から)

交通運輸省 - ベトナム航空局のお知らせ:  個人が自分で使用するために輸入する場合又は海外から持ち込み場合は、厚生労働大臣の許可は必要ありませんが、輸入できる数量が制限されています。    2018年10月1日から全ての乗客が日本入国時、以下のものが禁止になります。 ( タンロン投資と国際協力株式会社)

詳しく