先生を敬い感謝の気持ちを伝える日・教師の日を歓迎

伝統的な活動のような、11月20日にある教師の日を迎えるため、タンロン日本語センターの先生と学生が楽しみに準備していた。

全国の盛り上がる雰囲気で、11月18日の朝にタンロン日本語センターでの先生・学生と従業員は全員で先生を敬い感謝の気持ちを込める教師の日の記念を行った。

この会を通じて、先生に感謝の気持ちを伝わって、生徒の他の腕前も見られいて、楽しい時間を過ごしできた。

タンロン日本語センターのド・ティ・マン先生は開幕スピーチを行った。また、関先生は他の先生と優秀な生徒によろしく伝えると発表した。
 
hoc-vien-thang-long-osc

日本事業部のグエン・タン・ラン営業取締役はタンロン国際協力投資株式会社(Thang Long OSC )の代表として、タンロン日本語センターの先生に感謝の言葉を伝えて、先生と優秀な生徒の10人に花とプレゼントを授けました。
 
hoc-vien-thang-long-osc
最初は、“Bụiphấn”という曲はミン・フォンさんに歌われました。曲の歌詞がうまくて、感謝の気持ちを伝えた。
 
Bài hát Bụi Phấn

次は、ベトナム人の意志と信条を表すダンス局である。
 
Kỷ niệm ngày nhà giáo Việt Nam

一番特別なのはNB クラス団体で歌われた"chau van "の歌です。Chau vanはベトナム伝統な芸術である。
 
続けて、たくさんの演奏が行われた。
最後に、関先生と生徒達は一緒に日本の歌を歌って、皆に感動させた。
 

タンロン日本語センターの感謝活動は参加した皆に良い印象を残させていました。
そして、先生と生徒は一緒に記念写真を撮りました。
 
 
 
 
Thăng Long Osc 20/11
 

11月20日を契機に、先生にご健康・ご多幸・ご成功を心からお祝い申し上げます。
フェイスブックコメント
フォームのコメント