2016年前期の労働輸出カウンセリングの指標は50%を超える

この間、タンロン国際協力投資株式会社( Thang Long OSC )は2016年前期の労働輸出カウンセリングの快挙を顕彰したり、次期の方向や任務を提出したりすることなどについて会議を行った。この会議でThang Long OSCの社長は目的をよく完遂し、指標よりも50%を超えたことを顕彰した。
 
Xuất khẩu lao động và tư vấn du học trong 6 tháng đầu năm 2016

Thang Long OSCは失業問題に対して、労働者をサポートすることがたくさんの功績を取ったと認められている。年初の6ヶ月は600人の労働者を出国させて、昨年の同期に比べると2倍になった。その中に、大きい割合を占めているのは日本市場の労働輸出であり、次は台湾市場と中東市場である。

台湾市場:家事手伝いの労働者を台湾に行かせる活動は前より良くなった。この活動はThang Long OSCの伝統的な仕事になって、労働者から頂く経費が一番安いである。その上、縫製や電子や農業などの分野に関して、多くの台湾企業とパートナーシップ関係の構築に取り組んでいる。

日本市場とアルジェリア市場:外国企業から注文の数は昨年の同期に比べると15%を増えていた。Thang Long OSCと日本企業の関係が深く結んでいくので、日本で働く労働者にたくさんの利点をもたらす。

その他、アルジェリア市場で、新しいパートナーが出来だ。このパートナーはフランスとアルジェリアの連携グループであり、この6ヶ月に2回Thang Long OSCの労働者を受け入れた。
 
Xuất khẩu lao động và tư vấn du học trong 6 tháng đầu năm 2016

外務活動以外、求人部と他の関係部の功績も顕彰した。求人部のスタッフがカウンセリングに活躍することからこそ、Thang Long OSCは全国の人に人気があり、信用・信頼を頂く。


最後に、会社の全員は首脳者が提出した2016年後期の目標を統一した。具体的に言うと、近い将来には日本・台湾・中東の主な市場で800人ぐらいの労働者を出国させて、労働輸出の市場を拡大させるという目標である。最近、一番最新の市場はシップ共和国で、家事手伝いの労働者を供給する。
フェイスブックコメント
フォームのコメント